大学院

【大学院】院試で東工大と併願するおすすめの大学はどこ?

東工大併願先
東工大併願先

こんにちは。底辺大学から京大大学院を卒業したインプロです。

東工大の大学院入学試験(院試)を受験しようと考えているとき、併願先はどこがいいのか?気になるところですよね。

私もどこを受験すべきかいろいろ迷いました。迷った結果、京都大学と九州大学を受験しました。

結果、受験してみて後悔ない選択ができたと思い、非常に良かったです。この記事では、併願先のおすすめ大学について記載してみようと思います。

本稿では

「東工大の院試の併願先はどこがおすすめ?」

「東京工業大学以外に受けておくべき大学院はどこ?」

という質問にお答え致します。

東工大をおすすめする記事は以下の記事で紹介しています。

【大学院】外部受験(院試)で東工大を絶対すすめする圧倒的7つのメリット!東工大の院試のメリットをご紹介いたします。次の項目スポットを当てます。①入試難易度や倍率②外部出身者の多さ③立地の良さ④就職の強さ⑤ハイクオリティ学生寮⑥賢い動機⑦知名度の低さ。...

東京大学・京都大学

併願先として真っ先に上がるのが東京大学です。東工大と同じく東京都に位置しており、日本No.1の大学です。立地的にも受験しやすい場所です。

ただし、大学院入学試験(院試)の問題の難易度は東大の方が遥かに難しいです。そのため、東大を受験するならば東大を本命として、落ちたときに東工大を滑り止めにする方が無難かもしれません。

実際に、そのように受験している人は多数見受けられます。MARCHや関関同立レベルの人がこのようにして東京大学に入学する例もよく聞く話です。

立地が許せば、京都大学も受験の範囲に入ります。こちらは京都に位置しているので、関西近辺に住んでいる人や京都に住んでみたい人にもおすすめできます。

https://inprogressx.com/entry/2019-6-23-kyoto-daigaku-merit

旧帝国大学

最もおすすめできるのは、旧帝国大学を受験することです。入試難易度は東工大と同等レベルかやや高いところもあります。院試勉強に幅や深みをもたせるという意味でも、おすすめできます。

北海道に住んでいるなら北海道大学、東北地方に住んでいるならば東北大学、名古屋近辺なら名古屋大学、関西近辺なら大阪大学、九州近辺なら九州大学といった具合に、自分が住んでいる場所の付近を選ぶのが無難です。

【大学院】外部受験(院試)で九州大学(九大)をおすすめする7つの理由【最高のメリット】 【大学院】外部受験(院試)で九州大学(九大)をおすすめする7つの理由【最高のメリット】 大学院からレベルの高い大学を目指し...

早稲田大学・慶應義塾大学

東京都という立地、大学のレベル、入試難易度、という意味では早慶もおすすめできます。

デメリットとしては私立なので学費が高いことです。特に理系では学費が高いため国立大学の方が半額くらいに収まります。

ただし、就職のしやすさなどを見るとやはり東京都の方が圧倒的に就活はしやすいです。

筑波大学、千葉大学、横浜国立大学、神戸大学、広島大学

東工大の落ちたときの滑り止めという意味で、筑波大学、千葉大学、横浜国立大学、神戸大学、広島大学をおすすめできます。

日東駒専や産近甲龍レベルの人が東工大を受験する際に特におすすめできます。MARCHや関関同立の人にもおすすめできます。レベル的にはそこまで大きく変わらないと思います。

【大学院】東工大・外部受験者の出身大学は?日東駒専から早慶までいます【院試】   こんにちは。底辺大学から京大大学院を卒業したインプロです。   大学院に外部受験するときに、その大学を受ける人達の出身大学が気にな...
東工大 合格点
【大学院】院試・東工大受験は何割とれば合格?試験前の過去問は何割解けていれば良い?こんにちは。底辺大学から京大大学院を卒業したインプロです。大学院受験をするときに、合格点(ボーダーライン)を気にして勉強すると思います。...
【大学院】外部受験で東工大に進学する5つのデメリットとその対策【院試】 本記事では、 「東工大に進学することのデメリットは?」 「東京工業大学に進学した時の不満はある?」 という声にお答えいたします...