大学院

【大学院】東工大・外部受験者の出身大学は?日東駒専から早慶までいます【院試】

大学院 院試 東工大 出身大学

 

こんにちは。底辺大学から京大大学院を卒業したインプロです。

 

大学院に外部受験するときに、その大学を受ける人達の出身大学が気になるところです。今回は大学院受験として人気の東工大にスポットを当てて、出身大学を調査してみました。

 

本稿では

「東工大に外部受験で入学した人の出身大学は?」

「東工大を外部受験する人の出身大学はどこ?」

という質問にお答え致します。

 

 

 

私立大学から東工大大学院へ入学するパターン

 

ハイレベルなところで早稲田大学や慶應義塾大学の出身者もいます。学歴的には大きな差は無いように感じますが、学費が安く済むというメリットもあります。

 

最も多いのはMARCHクラス(明治大学・青山学院大学・立教大学・中央大学・法政大学)です。少し頑張れば学歴も高くなり、学費も安くなるというメリットがあります。東京理科大学の人も多くいますが、東京大学に進学する人も多くおり、分かれているようです。

 

一番下のレベルで日東駒専クラス(日本大学・東洋大学・駒沢大学・専修大学)の人も入学しています。日東駒専以下の学歴であると入学してから大変になる人も中にはいます。

 

しかし、外部出身者が多い「すずかけ台キャンパス」を受験するなど工夫すれば、それほど苦労することなく卒業できると思います。

 

国立大学から東工大大学院へ入学するパターン

 

旧帝国大学クラス(北海道大学・東北大学・東京大学・名古屋大学・京都大学・大阪大学・九州大学)の人も少なからずいます。学歴や学費など大きな差はないと思いますが、東京で就活できるという就活のしやすさのメリットは非常に大きいです。

 

地方国立大学の人も多いです。ただし、地方国立大学の人は、基本的に近くの旧帝国大学を受験するパターンが多いです。敢えて、地元から遠い東京に行く必要もないと考えていると思います。

 

国立工業大学の出身者もいます。工業系の単科大学のトップは東工大ですが、その下に名古屋工業大学、京都工繊大学、九州工業大学の御三家があります。その出身者が入学するパターンも多いです。

 

しかし、地方国立大学出身と同様に、名古屋工業大学なら名古屋大学へ、京都工繊大学なら阪大・京大へ、九州工業大学なら九州大学へ、と入学するパターンの方が多いです。

 

実際に、自分が京大大学院を受験した際にも、京都工繊大学出身者が非常に多かったです。

 

www.inprogressx.com

www.inprogressx.com