学歴コンプレックス

学歴コンプレックス(学歴コンプ)とは何か?意味や種類。

本記事では、

「学歴コンプレックスとは何?」

「学歴コンプレックスの詳細や種類について教えて」

という疑問にお答え致します。

学歴コンプレックスとは?

「学歴コンプレックス」とは自分の学歴に対して、不満や劣等感を持っているという意味です。

インターネット上では「学歴コンプ」なんて略されていたりします。

例えば、東大に入りたかったけど、早稲田に入ってしまい、そのことに対して劣等感や不満を持つことです。

学歴コンプレックスの種類

種類

学歴コンプレックスと言ってもいろんなものがあります。

  1. 中卒・高卒。
  2. 大学受験への失敗。
  3. 親の言いなりになり進学
  4. 身の丈以上の大学へ進学

 ①中卒・高卒

お金が無くて進学できなかった人や、学力が足りなくて進学できなかった人が持つことが多いです。

②大学受験への失敗

東大に入りたかったけど、別の滑り止めの大学に進学してしまったなど、多くの人が経験しているパターンです。

MARCHクラスの世間的には優秀な大学を出たとしても、学歴コンプレックスを抱く人は多いです。

③親の言いなりになり進学

親に敷かれたレールの上の人生を歩んできてしまった故に生じる学歴コンプレックスです。

東大や一橋など高学歴の大学の人に多いです。このパターンの人は大学を中退して自分で本当に行きたい大学に進学したり、違う道に進んだりします。

④身の丈以上の大学へ進学

推薦で入ってしまったがために、自分の学力以上の大学に進学してしまった場合に生じます。

優秀な大学を出ているにも関わらず、「こんなことも知らないの?」と思われるのに恐怖を感じてしまいます。