英会話

レアジョブスピーキングテスト(PROGOS)とは?結果と感想!

レアジョブレベル

こんにちは。英語勉強中のインプロです。

今回は、オンライン英会話・レアジョブを1ヶ月継続したので、スピーキングテスト(PROGOS)を受けてみました。

本記事では、「レアジョブスピーキングテストpowered by PROGOS」を実際に受けてみた結果と感想を紹介致します。

レアジョブは、老舗の英会話教室で、講師の質が高く、コストパフォーマンスが高いオンライン英会話教室です。興味がある方は、無料体験があるので、一度トライしてみると良いと思います。


「スピーキングテストpowered by PROGOS」とは?

概要

オンライン英会話・レアジョブの新形式(リニューアル)のスピーキングテストで、英語のスピーキング力を測定するテストです。

レアジョブ独自のレベルと、CEFR(Common European Framework of Reference for Languages)という、語学のコミュニケーション能力別のレベルを示す国際標準規格で評価がフィードバックされます。

対照表

料金

日常英会話コースは、料金は月1回までは無料です。

ビジネスコースや、中高生コースは月2回までは無料です。

所要時間

所要時間は20分です。

問題形式・構成内容

自動音声の後に回答する形式で進めていきます。

Part1:インタビュー(10問)
一問一答式で様々な質問に答えます。質問に的確に回答しているか、その回答の質全般を評価します。回答時間:各20秒

Part2:音読(8問)
文章が表示され、その文章を声に出して読みます。発音だけでなく、読み方から文章の理解度も評価します。回答時間:各10秒

Part3:プレゼンテーション(1問)
トピックを与えられ、それについて話します。「○○について触れて下さい」という条件が提示される為、それらを満たす必要があります。長めの説明をどのように行うか評価します。準備時間:40秒、回答時間:60秒

Part4:グラフ・図を用いたプレゼンテーション(1問)
テスト問題内のグラフや図を見ながら、それが示すものについて話します。事実をどのように提示するかを、実際のグラフ・図の説明を通して評価します。準備時間:40秒、回答時間:60秒

Part5:ロールプレイ(4問)
トピックを与えられ、そのトピックについて音声と会話を続けます。一方的な発話でなく、やりとりの発生する場での発話が評価されます。準備時間:40秒、回答時間:各応答につき30秒

 

結果

テスト結果は翌日には見れました。いつみれるか疑問に思っている方は次の日まで待ってみてください。

結果は、レアジョブレベル5、CEFR準拠レベルA2Highです。レアジョブレベルで言うところの「身近なトピックについて会話ができる」レベルです。英検準2級レベルのようです。

スピーキングテスト結果 レアジョブレベル

RangeやAccuracyはA2でした。アドバイスも適切です。言いたいことがはっきり言えていないことや、グラマーなどが苦手なことを指摘しています。

レアジョブスピーキングテスト

FluencyやInteractionもA2でした。えーっとなど言うのがバレていました。冒頭表現のアドバイスも適切です。

レアジョブスピーキングテスト

CoherenceやPhonologyはA1、B1でした。文章を繋げるのが苦手です。発音は以前、大学院の時に綺麗と言われたことがありますが、もう過去の話です。ですが、他の能力よりは高いようです。

レアジョブスピーキングテスト

感想

レアジョブを始めて1ヶ月が経ち、スピーキングテスト(Progos)を受けてみました。

自動音声の後に、考える暇がない!というのがリアルな感想です。また、質問も何を言っているのかわからない質問もあり、「I cannot understand your quention.I don’t know this question.」と言ってしまいました。

フィードバックに関しては、かなり適切な印象です。時制を使った練習をしましょう!など自分の気づかなかった弱点を教えてくれます。

最後に、学習を始めた当初(無料体験時)は、レアジョブレベル4をいただきましたが、今回1ヶ月続けたことによりレアジョブ5をいただきました。

自分のレベルを確認できるとモチベーションアップにもなりました。従いまして、定期的に実施したいと思います。

今後

オンライン英会話を1年続けた人のブログを読んでいると、あまり成長していない人多いというのが感想です。レアジョブレベルで2つくらいしかレベルアップしていない。

成長している人も中にはいますが、オンライン英会話以外に勉強しているようです。

25分レッスンを365日実施した場合、1年で約152時間の勉強にしかなっていません。これは、確かに少ないようにも感じます。

ネイティブキャンプのようなオンライン英会話「受け放題」で、レッスン時間を増やすのも効果的かもしれません。


私としては、英会話自体の個人的な練習をする必要があるのではないかと考えています。

したがって、並行して瞬間英作文のような英作文トレーニングを続けるなど、工夫していきたいと考えています。

レアジョブは、老舗の英会話教室で、講師の質が高く、コストパフォマンスが高いオンライン英会話教室です。興味がある方は、無料体験があるので、一度トライしてみると良いと思います。


オンライン英会話
【オンライン英会話】初心者がレアジョブを1ヶ月毎日続けた効果と感想本記事では、 「初心者がオンライン英会話を1ヶ月続けた効果や感想について教えて欲しい」 という要望にお答え致します。 ...